CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 海凛房 ギャラリー情報局 // 2011年03月13日
FC2ブログ
2011・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/03/13 (Sun) 本日はありがとうございました。

本日はありがとうございました。

そしてこのブログを見て下さる皆様ありがとうございます。

南と西が海と言う、この時期極めて危険と思われるこの店に、こんなにもたくさんの皆様にご来店いただき厚くお礼申し上げます。

挨拶でも申し上げましたが、ライヴの開催につきましてはぎりぎりまで決断がつかず、その間、1件のキャンセルもなかったので開催に踏み切りましたが、この決断の是非につきましては非常に苦しみました。

最も悩んだのが「災害に遭われた方に対して」であり、次に地震直後50cmの津波注意報の出た海岸まで1~2秒という海の中にあるような店での開催だと言う事です。

先ずは何事もなく無事終了できました事を心から安堵いたしております。

そして、災害後に出来たオリジナル曲を(この災害を見て降りてきましたとおっしゃいました)携えて演奏して下さったピアニストの内田由美子先生と追悼の曲と励ましの曲を用意していただきましたさこぐちゆみこ先生には心よりお礼申し上げます。

亡くなられました皆様に1分間の黙祷をささげて、ライヴが始まりました。

さらに事前に「今日ここに、今日が誕生日だと言う青年が来ているのだけれど、お祝いの歌を歌っても良いでしょうか」と相談いただきました。

そういう偶然もあるのだと言う事が不思議でした。

店からは穏やかな今津湾の波のきらめきが見え、今日が誕生日だと言う青年が来ている。

承諾させていただきました。

ボーカルのさびの部分からは全員で「ハッピーバースデイ」を合唱しました。

彼の「ありがとうございます。生まれて来て良かった」は千金の重みがありました。

事前に最後に歌おうと用意された曲のその後、被災された方々のためにと、「応援の歌」を少しなきながら熱唱されました。

この出会い、この貴重な数時間に感謝いたします。

これからも自分のなすべき仕事に心を込めて一生懸命に働きますので色々なご意見、ご批判もありましょうがお許し下さい。

どうぞ私たちの思いが被災地の皆様やなくなられました皆様に伝わりますように。

そして少しでも生きていくお力の助けになれますように。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ギャラリーオーナー

Author:ギャラリーオーナー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも一覧


幻想の世界から

店長の日常ブログ

およよと驚く毎日

こらぁ~!責任者出て来~い!

星の数ほどに

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR