CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 海凛房 ギャラリー情報局 // 2011年04月12日
FC2ブログ
2011・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/04/12 (Tue) トラックバックテーマ 第1174回「誰かのことを褒めてみよう!」

こんにちは。

いつもありがとうございます。

さて就活中の次男の事をほめてみましょう。

世間的には全く褒められた物ではないのですが・・。

浪人してやっと入った某国立大もすでに同級生は皆卒業、

あるいは院に進級して新学期を迎えています。

院試に失敗したので卒論を出さず5年生になることを選んだ次男です。

そもそもこの4年間打ち込んできたのは授業よりもハードな某運動部。

両立の苦手な次男は、それでも卒業単位は全て取得したものの、

全国大会出場に向けての練習、大会出場と全く就活できず、今、就活中。

こんな次男のどこが褒められるのかと思われる方のほうが多いと思いますが、

エントリーシート、筆記は通過、いよいよ面接でことごとく落ちています。

彼が言うには、「入るための面接は受けない。

自分だからこそ獲りたいと思われる企業に入って全力を尽くしたい」

つまり面接にありがちな「嘘」は一切しないと言う事。

企業に入っても、理不尽な仕事はやらない。

他人を不幸にするような事はしない。と思っているようなので、給料ばかり良くても、

裏で色々やっている企業には長続きしないだろうと思います。

実は地元の電力会社も会社説明会に行ったのです。

彼の専門は地球資源ですから、少しは関連があります。

しかし「僕には向かない」と言って試験を受けませんでした。

入っていたら、「原発は安全です。どんどん作りましょう」という

PRをさせられていたかもしれません。


多分今の日本の企業では「ピュアな人材」はいらないでしょう。

そうすると全ての就活に失敗する事だろうと思います。

彼が意外にも(自分に嘘はつかない)という姿勢をあまりにも貫くので、

もう一度院試を受けて、大学に残り、研究を続けるように勧めているところです。

本当は早く給料取りになってもらいたいです。

でも、この日本はあまりにも自分を売ってしまう人が多すぎて、

こんな事になってしまったと思っているのです。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

ギャラリーオーナー

Author:ギャラリーオーナー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも一覧


幻想の世界から

店長の日常ブログ

およよと驚く毎日

こらぁ~!責任者出て来~い!

星の数ほどに

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR