CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 海凛房 ギャラリー情報局 // 2011年09月17日
FC2ブログ
2011・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/09/17 (Sat) 久しぶりに観劇

こんにちは。

いつもありがとうございます。

昨日は夫と井上ひさし作、山口ミチロ演出、劇団マニアック先生シアター第八回本公演

「貧乏物語」を観にいきました。

残りの公演は明日、日曜日14時からと19時半から、

19日月曜日14時からです。(当日2000円、ペア3000円)

場所はサンパレス&ホール1F「湾岸劇場博多扇貝」

2F大ホールでは「五木ひろし、都はるみショウ」をやっていました。


なんせ驚きの連続で何から書けばよいのか。

この公演は月曜日の昼公演まで連続7回行われます。

まず公演数が多いのにびっくり。

次に劇場が狭いというか、狭く仕切ったと言うか。おまけに天井が低い。

(手を伸ばせば届きそうなところに

たくさんの照明やらマイクやらが取り付けられています。

時々五木ひろしショウの足音が聞こえる?

1Fと言うより、大ホールの「床下物置」と言った方が良いのかも。

奥行はありそうでしたが、よく分からず、舞台は10畳ほど。

その奥は黒い布で覆われて見えず。

壁際に3段の階段が作られており全部で40席ほどクッションが敷かれていました。

「本日は満席となっております」とのこと。

観客の足元から舞台までが

20cmほどという至近距離で観劇します。

つまり舞台は長屋の一間、観客席は長屋の庭先で、

観客は濡れ縁の向こうにへばりついているような感じ・・。


ほんの目の前で6人の女優さんたちがお芝居をやっているわけです。

カルチャーショックでした。

しかし内容が良かった。

河上肇の妻、娘、最初の女中、今の女中、

内務省役人の妻、河上肇を尊敬する新劇女優の6人がそれぞれの身の上に起った

悲しみ、苦悩、希望、人生の選択を語っていきます。

いつの時代も人の喜び悲しみは変わらず、何を大事に生きていくのが

その人にとって良い人生なのか語りかけてくれます。

とても期待して出かけたのですが、期待以上のお芝居で

楽しかったです。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

ギャラリーオーナー

Author:ギャラリーオーナー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも一覧


幻想の世界から

店長の日常ブログ

およよと驚く毎日

こらぁ~!責任者出て来~い!

星の数ほどに

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR