CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 海凛房 ギャラリー情報局 // 2011年11月27日
FC2ブログ
2011・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/11/27 (Sun) 縁について

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は(私が最後の小学生生活を1年半送った小学校、

入学して3ヶ月在籍した中学校、そして

転入してきて卒業した高校で同級生だった)一人の友人と

その夫たちが計4人で写真を見に来てくれました。

彼女と3度同じ学校に通いながら同じクラスになったこともなく

特別に仲良しだったわけでもないのですから

実に面白い縁です。


彼女は一時期お抹茶や和菓子を出す喫茶店をしていたことがあります。

その時、オープン直後に店に行ってお抹茶をいただいたことがあります。

当時私は東松照明写真展の手伝いをしていて

チケット売りから搬入搬出、受付と

あわただしい日々を過ごしていました。

その時にチケットを売りに行ったのです。

彼女はチケットを買ってくれて、本当に観に来てくれました。

今日は夫婦共通の友人である戎野氏(高校の同級生)の

写真展を見に来てくれたのでした。

思えば私がギャラリーを写真専門にしたのも

写真家O氏(福岡の東松照明展の責任者)の友人K氏に

オープニング展を依頼したのが大きなきっかけです。

O氏に仕事上の取引先として紹介されて数年経っていました。

K氏から「福岡には写真専門の個人ギャラリーが

ないのでギャラリーをするなら写真専門にしてくれ」と言われたのです。

O氏に出会ったのは私が女流画家のMT先生に油絵を習っていたからですし、

MT先生と知り合ったのは、評論家のNK先生に私の作った読書会に

オブザーバーとしてきていただいていたからです。

そして何処で出会ったかと言うと・・・・・。

次々にたくさんの友人知人の顔が浮かびます。

そのどれもがなくてはならない重要な出会いでした。

私が今ここで暮らしているすべては

私を気にかけてくださった多くの方々のおかげなのです。

皆様ありがとうございます。

これからも皆様の期待を裏切らない生き方をしたいと思っています。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ギャラリーオーナー

Author:ギャラリーオーナー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも一覧


幻想の世界から

店長の日常ブログ

およよと驚く毎日

こらぁ~!責任者出て来~い!

星の数ほどに

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR