CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 海凛房 ギャラリー情報局 // 2013年07月19日
FC2ブログ
2013・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/07/19 (Fri) 読書

こんにちは。

いつもありがとうございます。

弟が店を手伝ってくれるようになってからというもの

次々に弟が図書館で借りた本やネットで買った本がやってきます。


やっと昨日「日本でいちばん大切にしたい会社」1,2,3

著者 坂本 光司氏を読み終わり

今朝、「アルケミスト」夢を旅した少年 著者パウロ・コエーリョを

読み終えました。

次に読み始めたのが「病気が教えてくれる、病気の治し方」

著者トアヴァルト・デトレフゼン
  リューディガー・ダールケです。

これは私の友人から是非にと薦められた本です。

いずれの本も今誰にでも読んでほしい

私のお勧めの本です。

先日まで借りていた「それはある」と

エックハルトトールの「ニューアース」は

何度も同じページを読んでいる内に眠ってしまうという

具合でしたが再挑戦したいと思っています。

しかし、本を読んで何かを知るということは

本当の意味ではあまりないのかも知れません。

むしろすでに十分知っていたことを

再確認できるのが

本の良さなのではないかと思ったりします。

つまり、読まなくても経験していれば

本で得るものはあまりなく

本を読んでも実体験がなければ

あまり理解が進まないのではないかと思ったりするのです。

もちろんこの生だけの経験を言っているのではないので

実年齢がどんなに若くても

あらゆる経験を記憶している場合もあると思っています。


私の好きな人は

クリシュナムルティ、ラマナマハリシ、親鸞、ミラレパ

宗教では禅や古神道に興味がありますが

あまり詳しくありません。


それにしても今日は朝から

アルケミストの感動が覚めやらず

とてもいい気分です。

老眼が進んでなかなか本を読む気になれませんでしたが

たまにはこうやって読書に集中する期間があるのも楽しいです。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

ギャラリーオーナー

Author:ギャラリーオーナー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも一覧


幻想の世界から

店長の日常ブログ

およよと驚く毎日

こらぁ~!責任者出て来~い!

星の数ほどに

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR