CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> 海凛房 ギャラリー情報局 //
2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/02/03 (Fri) 今日は暖かです。

DSC_0012_02.jpg


こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日はとても暖かで幸せです。

寒さが苦手なので、暖かいだけでありがたいのです。

そして、数年ぶりに「おいしいコーヒーを飲みに来ました」と

これまたありがたいお客様が見えました。

元新聞社で写真を撮影されていたとかで

「やっぱり、匠が手作りしたフィルムカメラで撮影された写真が好き」

「深み、柔らかさ、繊細さがデジタルではどうしても・・。」

と次々に写真のお話に花が咲きました。

私は4x5の撮影が好きですが

毎日使っているのはデジタル。

どちらも好きなんです。

現在開催中(2月26日まで)の海凛房コレクション展VOL.9
大判写真で楽しむカラー写真」展は
名プリンター道園広治氏が自ら4x5で撮影、プリントされた
大作の写真展です。

今日のお客様が「やっぱり4x5じゃないとこの繊細さは出ないからねえ」と

とてもご満足いただいたようで嬉しかったです。
DSC_0013_01_20170203163002fef.jpg

まだまだ寒暖の差が激しい日が続きますが、暖かい日は是非海凛房に越しいただき

写真を眺めながらのんびりくつろいでいただきたいと願っています。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/31 (Tue) 遅ればせながら

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今年は海凛房をオープンしてから8月末で10年目に入ります。

そこで原点に帰って、皆様に何をご提供できるのか考えてみました。

それは一言でいうと「くつろぎ」ではないかと思います。

海凛房は今津湾の海の前にあります。

まるで船の中から外を眺めているような錯覚を感じるロケーションです。

そこで今年から店内入り口で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えていただけるようにしました。

DSC_0001_20170131152034b04.jpg
次に、窓から外に向いているテーブルを増やしました。


DSC_0002_20170131152300468.jpg
この窓からはドックに上がって、きれいに色を塗り替えられる船を見ることができます。

DSC_0009_02.jpg



DSC_0003_01_20170131152312428.jpg
この窓からは今津湾の奥に今津大橋、通称小富士と呼ばれる加也山が見え、手前のセンダンと桜の木が夏には木陰を作ってくれます。

バモス


DSC_0004_201701311523286d5.jpg
この窓からは、九州大学伊都キャンパスの建設が着々と進み、大きくなっていく様子や、美しい夕日が沈んでいく様子を見ることができます。
DSC_0001_01_20170131161021a05.jpg

DSC_0061_2017013116104500d.jpg


コーヒーは無農薬の物だけを仕入れ、少量ずつ焙煎しています。ケーキは添加物を使用せず、材料を吟味して手作りしています。

店内でかけている音楽はビートルズ、カーペンターズからジャズ、

クラシックまで幅広いジャンルの音楽のレコードをタンノイでかけており

ご希望でレコードを自由に変えていただけます。

コーヒーカップは店長こだわりのウエッジウッド他のブランドで大きく、1杯の分量はたっぷり155ccから210cc入っています。

DSC_0001_03_2017013116045146e.jpg

なお店内では自由にワイファイが使えますし、ご希望のお客様にはコンセントをお使いいただけます。

これからもお客様に喜んでいただけるよう精進してまいります。








未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/27 (Fri) お見舞いのフラワーアレンジ

こんにちは。

いつもありがとうございます。

あっという間に1月も下旬、少しずつ春の花が増えてきています。

いつもの叔母のお見舞いの花です。

お陰さまで94歳の誕生日を先日無事に迎えました。

眠っていることが多くなりましたが

それでもお花を持っていくと、じっと目で追ってくれます。

お見舞いは私の生きがいでもあります。

今年も元気でいてくれますように。
DSC_0003_20170127154757ef4.jpg

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/08 (Sun) うえのドイツ文化村

こんにちは。

いつもありがとうございます。

宮古島には東西ドイツを隔てていた「ベルリンの壁」が

ありました。

滞在中2回行ったのはここだけです。

広大な公園の中にお城があり子供の部屋があります。

うえの村の人々が自らも危険な目にあいながら、

難破したドイツの船の乗組員を助け、

船の修繕を手伝いました。


無事ドイツに帰国できた船長が

手記に体験を書きとめたのが

きっかけのようです。

ここでも沖縄の人々の優しさに触れることが出来ます。

DSC_0450.jpg


うえのドイツ文化村

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/07 (Sat) 宮古島の自然

こんにちは。

いつもありがとうございます。

さて今日は宮古島にある熱帯植物園で出会った

美しい風景の写真です。

宮古島と、その周辺の橋でつながった島々は全部見てまわりました。

その時一番印象的だったのは

サトウキビ畑。

この季節はサトウキビの収穫時期らしいのですが

あまりの多さに写真がほとんどありません。

今思うとサトウキビの荒々しい葉や硬そうな茎を

写真にとっておきたかったと思います。

砂糖になるまでには

大変な手間と重労働が必要だと感じたからです。

さらに新しく開いている畑もサトウキビのためだったり

段々に開発している土地はリゾート施設建設予定地だったりしました。

そしてやっと見ることができて本当に嬉しかったのは

熱帯植物園の遊歩道を登ったところから見えた風景でした。

さんご礁が隆起してできた島ですが

小高い場所には森が出現しているのでした。

産業と自然と観光と、人々の暮らしと・・

色々と考えさせられた旅でした。

DSC_0480.jpg
 
宮古島熱帯植物園

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

ギャラリーオーナー

Author:ギャラリーオーナー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも一覧


幻想の世界から

店長の日常ブログ

およよと驚く毎日

こらぁ~!責任者出て来~い!

星の数ほどに

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。